新年あけましておめでとうございます。
旧年中に当組合へ賜りましたご厚誼に対し厚くお礼申し上げます。

消費者志向の一人十色とも言うべき多様化、商工共の業績の二極化、深刻な人手不足、先端技術進歩での生産流通の効率化など、目まぐるしく変遷する経済活動の動脈に乗り切れるかが今後の課題と思われます。 
既存の流通への固執踏襲のみならず、自社の身の丈にあった変革への取り組みが生き残りの方策と認識します。更に、労働環境の劇的な変化に対応する法的整備の遅延、最低賃金の官邸の干渉など中小零細企業を看過した施策も見受けられます。
産地のトップランナーの牽引のもと、コンパクトな産地運営を進めて参ります。
2020年4月の民法改正での保証人制度の見直しによる決済システムへの対策、燃料他生産関連資材の価格不安定など今後到来する課題を丁寧に処理しながら、しなやかな経営感覚をもって運営の舵取りを行うことが組合員の経営に資する支援に繋がり、組合に求められていることではないかと痛感します。
BCP という不測の災害時の商品供給体制の整備や後継者不足による廃業問題など次々と降りかかる事業経営のハードルにできうる範囲で対応できる組合を目指します。
本年もよろしくお願いいたします。

佐賀県陶磁器工業協同組合
理 事 長  原 田  元
平成31年 元旦